久しぶりの出港だったが・・・、積丹沖のブリヒラメ釣り。
- 2017/06/17(Sat) -
2017.6.17

週末になると時化となる悪循環からやっと抜けだし、
やっと週末に凪が訪れた。

早朝4時、意気揚々と、古平に向かった。
今回のゲストは、K氏とJr。image2.jpg

んっ?最初の写真から、黄昏れた雰囲気が・・・。
そう、先に申し上げますが、今回は、惨敗でございます。
古平漁港7時に出発。
まずは、前浜60mラインでスタート。
ジャークはスッカスカ、全く釣れません。

続いてのポイントは、無線塔沖。
しかし、無線塔に近づけば近づくほど、風と波が・・・。

ある程度の風は予想していたが、小さな船なので、
揺れが大きく、あづましく釣りが出来る状態ではない。

仕方がないので、マッカ岬まで降りてやってみるが、
ここも反応はない。

しかし、諦めずにジャークしていたK氏Jrにヒット。
こんなところで、ブリはないだろうと思っていたが、
なんと、5kg級のブリでした。

しかし、その後は続かず。
20mラインに下って、ヒラメ釣り。

ヒラメにも嫌われたようで、やっぱりアタリはない。
釣れたのは、自分のアブのみ。
image1

少し移動したところ、やっと、かみさんにヒラメのアタリ。
これだけ釣れないので、是非ともおみやげが欲しいので、
慎重に遣り取りし、上がってきたのは、リリースギリギリサイズ。image4.jpg

ブリを諦め、ヒラメに絞って、バケ釣りに変更。
しかし、今日は潮が動いておらず、アタリが遠い。

しばらくして、K氏とJrがオマツリ。
上げてみると、なんと、K氏に仕掛けにはヒラメが付いていた。
食べ頃サイズの50cm級。

その後もあちこち移動して、かみさんがアブとホッケを追加。

古平漁港に還る途中の60mラインに、本日一番の反応が魚探に出た。
即、ジグ入れると、かみさんにヒット。

これは間違いなくブリだと思ってタモを構えていると、
上がってきたのは、なんとマゾイ。

嬉しくないわけではないが、狙いはブリなので・・・
ちょっとガッカリ。
image3.jpg

その後も反応は続いたが、ヒットすることなく、午後3時に沖上がりとした。

先週まで溢れかえっていたブリは、北に移動してしまったようだ。
遊漁の皆さんも今日はかなり苦戦した模様。

次の群れが来るまで、ちょっと厳しい状況が続くのだろうか?
スポンサーサイト
この記事のURL | ルアー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<魚探の反応はばりばりだが、幌武意沖のブリ釣り。 | メイン | ボートの艤装完了!>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://ideabarusu.blog39.fc2.com/tb.php/520-7e8eab01
| メイン |