カメラを回収したので、先週の釣り回想録。
- 2017/07/03(Mon) -
今週末は、かみさんの実家長万部のかに祭り。
実家のお手伝いがあるので、釣りはちょっとだけ。

土曜日、日曜日とも、大中漁港でアメマスの浮き釣り。
今回は、小物が大量に居て、数は出るが大物が釣れてくれることはなかった。

また、サクラは跳ねまくっていたが、
ルアーマンが入れ替わり立ち替わり入ってくが、釣果はなし。
アメマスすらルアーに食いつくことはなかった模様。

さて、先週、船にカメラを忘れて出来なかったので、今回があらためてレポートさせていただきます。

2017. 6.24
この日は、午後から風が出る予報だったので、
めずらしく、5時過ぎに出港。

まず、古平沖でブリを探すが反応なし。
すぐに、幌武意方面に向かう。

幌向沖には、ボートが20隻ほど。
IMGP1004.jpg
早速、反応を探してみると、結構あちこちで反応は見られる。
しかし、反応がある割には、アタリがない。
かなり食い渋りという感じ。

しばらくすると、漁探に凄い反応が・・・。
IMGP1008.jpg
これだけ反応が出ているのに、アタリすらないなんて。

この渋い中、最初に釣ったのはS氏。
アベレージサイズの4kg級。

お次は自分。
またまた漁探を見ていて、フォールしている時にガツガツと食いついてきた。
ちょっと大きめの7kg級。
IMGP1005.jpg
久しぶりにちょっと大きめだったので、釣り上げた後はぐったり。

そこから、反応はバリバリあるが釣れないもどかしい時間が続くが、
やっと、ブリ初挑戦のK氏にヒット。
IMGP1009.jpg
ちょっと小振りの3kg級ではあったが、
この渋い中、初ブリゲット、おめでとうございます。

ブリがあまりに渋いので、少し浅場に行ってヒラメ釣り。
しかし、この日は、フグの猛攻にあって、仕掛けが切られるトラブルが・・・。
場所を移動しても、フグの猛攻。

美国沖30mラインでやっていると、S氏にいいアタリ。
もしや大物ヒラメかと思ったが、上がってきたのはなんとブリ。
嬉しいような、悲しいような複雑な気分だ。

その後も、何カ所かヒラメのポイントを探ってみたが、
またフグにやられて、午後1時に終了とした。

ブリ自体は、めずらしく腹がプックリしていたので、
群れが変わったんだろうとは思うが、
それにしても、渋すぎる。
新しい群れが来ないと、しばらく厳しいような気がする。
スポンサーサイト
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<暑いし、釣れないし、積丹沖のヒラメ釣り。 | メイン | 魚探の反応はばりばりだが、幌武意沖のブリ釣り。>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://ideabarusu.blog39.fc2.com/tb.php/522-7277c18e
| メイン |