久しぶりの感触、積丹沖のブリ釣り。
- 2017/07/23(Sun) -
7月に入り、ブリの釣果が伸び悩んでいたが、
ここ数日、やっと上向きとり話が聞かれるようになった。

自分達は、かろうじて釣ってはいるものの、
満足できる釣果は、得られていない。

6時前に古平漁港を出港。
無線塔を目指して、いけるところまで行ってみることにした。

幌武意沖を移動中、何かのナブラが立っていた。
イルカ?こんな時期には居ないだろう。
ブリ?随分跳ねるなぁ。

よく見ると、メジマグロのナブラであった。
急いで、プラグを投げるも、反応無し。

シーラ用の大きめのダイビングペンシルであったが、
こんな大きいのではムリ。
ナブラはあっという間に居なくなってしまった、ガックリ。

さて、風は予想よりなく、無線塔に無事到着。
さすがに、いい情報が入っていたせいか、かなりの船が集結していた。
9016
しかし、船が集まっている割には、反応はないし、周りで釣れている気配もない。

途中、シーブリーズ号のMさんと海上で初のご対面。
新シーブリーズ号は、大きくし格好いい。
自分の船がもの凄く貧弱に感じる。

シーブリーズ号は、余別方面が釣れていないので、
こちらまで来たとのこと。

ということは、今日はダメなのかと、ちょっと不安。

この辺りではちょっと厳しいの判断で、
皆さんから少し離れて、70mラインを流すことにした。

半分諦めかけていた9時半頃、やっとかみさんにヒット。
9018.jpg

上がってきたのは、4kg級。
9019.jpg
かみさんは、ここ数回、絶不調だったので、久しぶりの釣果だ。

因みに、ヒットルアーは、代表ジグのメトロンピンク。
このジグは、ホントに良く働いてくれる。

このラインをネチネチ流していると、ついに、自分にもヒット。
ブリであることには間違いないのだが、なんか引きが変だ。

凄く重たい割には、ガツガツしていて、とっても下品な引き。
おそらく、ダブルヒットだなって思っていたら、案の定。
アベレージサイズのダブル。

スローをやっていると良くあることだ。

続いて、かみさんにヒットするも、フックのラインを切られてバレ。
さらに、自分にもヒットするが、なんとこれはラインの高切れでバレ。

気を取り直して、また、同じラインを流し、1本ずつ追加。
9020.jpg
それにしても、今年は、お腹がプックリしたヤツが多いような気がする。

まだ、釣れそうな感じもあったが、頼まれた分は十分確保したし、
明日は仕事なので、12時過ぎに終了とした。

港についてから、遊漁の方のお話を聞くと、
80mラインで入れ食いだった模様。

確かに、自分達の沖に数隻いたので、
そこまで行けば、もう少し釣れたのかも知れない。

まだまだ、ポイントを十分把握できていないので、仕方がないか。
スポンサーサイト
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<激渋~、積丹沖のブリ釣り。 | メイン | かみさん用のベイトリール>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://ideabarusu.blog39.fc2.com/tb.php/525-837ec73b
| メイン |