大物釣りのはずが、小物大漁。小樽港のマメイカ釣り。
- 2017/10/29(Sun) -
2017,10,27

金曜日、絶好の凪の予報であったので、
休暇を取って、戻りブリを狙って出港することにした。

前日の夜まで予報は完璧。
これは、戻りブリいただきだなぁなんて捕らぬ狸のなんとやら・・・。

早朝、古平の漁港に向かうが、
道中、港に近づくにつれ、なんだか風が怪しくなってきた。

港に着くと、沖はかなり荒れている模様。
遊漁船も近場までという感じ。

しばらく様子を見ていると、
予報も東風が入ってくるように変わってしまったので、
残念ながら諦めて帰ることにした。

とはいえ、折角休みをいただいたのに何もしないのはもったいない。
終盤戦を向かえた小樽港のマメイカ釣りに行くことにした。

91042.jpg

厩岸壁への到着は午後3時。
終盤戦なので空いているかと思ったら、
平日なのに人でいっぱい。

かなり右手側に釣り座を確保。
薄暗くなった頃からポツポツ釣れ出す。

しかし、暗くなると全く釣れなくなってしまった。
少し粘ってみるが、釣れそうな気配がないので、移動。

次のポイントは、比較的釣れているという話があった南防波堤。
様子を見に行くと、少しは釣れているよう。

中間点よりやや手前で再スタート。
しかし、周りは釣れているが、自分達は全く釣れず。

エギを変えたり、アクションを変えたりいろいろするが全然釣れない。
周りの釣り人をよーく観察すると、
どうやら飛距離が違う。

そこで、抵抗となっているライトを外して、
思いっきり投げて飛距離を稼ぐとやっと釣れた。

これに気付くまでが長かった。
小一時間をムダにしてしまった。

それからは、ほぼ入れ食い。
遠くで掛かるので、凄く楽しい。

楽しくてついつい時間を忘れて、
気が付いたら12時を過ぎていた(笑)
91043.jpg
釣果は、80匹ぐらい。

南防波堤に行かなければ、たったの4匹だったので、
ポイント移動が大正解。

戻りブリには振られたが、
久しぶりのマメイカ入れ食いを堪能できて、大満足であった。
スポンサーサイト
この記事のURL | ルアー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<今年はハズレ年?積丹のマメイカ釣り。 | メイン | 大漁に2日なし、積丹沖のブリ釣り。>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://ideabarusu.blog39.fc2.com/tb.php/530-8dd7ef9f
| メイン |