道東遠征第1弾 とある小河川のアメマス
- 2009/04/12(Sun) -
下りアメマスを狙って道東遠征を企てた。
今年は、夏の海と秋の川にも行こうと思っているので、第1弾とした。

今回は、かみさんが所用のため、単独釣行。
11日昼近くにのんびりドライブ気分で旭川を出発。
春の暖かい日差しの中、快調に飛ばし、白糠に入ったところ、
なんと、茶路川上流は絶望的な濁り、まさに、コーヒー牛乳。
IMGP0642.jpg
ここ数日、急に暖かくなったので、雪解けが進んだためだろう。
当然、下流の状況は容易に想像できる。
とりあえず、予定していたポイントを確認してみることに。
まず、茶路川河口。
当然、激濁り。釣り人1名。

次は、近くの小河川。
ここは、茶路、音別が濁っていたときの逃げ場と考えていた。
クリアーとまでは言えないが、それほどの濁りではない。
釣り人は、10名ほど。

次は、音別川。
ここも、激濁り。釣り人は、あちこちに20名ほどいたが、
こんな泥水の中で釣りはしたくないので、パス。
先ほどの小河川に戻って釣りしてみることにした。

ポイントを移動する方が歩いて来たので、話を聞いてみた。
午前中は良く釣れたが、ここは、茶路、音別に比べて型が小さいとのこと。
茶路、音別は濁っていても釣れないことないが、
ちょっと濁りがひどすぎので、ここに来たと云っていた。

初めてのポイントだが、とりあえず、やってみることにした。
IMGP0641.jpg

今日は、フライとルアーの両方用意したが、
ほとんどフライマンだったので、自分も、なんちゃってフライマンに変身。

時間は、4時、夕まずめには丁度いい時間だが、
マーカーが、軽~くチョンと沈みそうになるアタリがあるが、食いが悪い。
おそらく、かなり叩かれているのだろう、スレきった感じがする。
フライをあれこれ変えてもダメだったが、30分ぐらいすると、
あちこちライズが始まり、まわりでも釣れ始めてきた。

まず、最初に釣れたのは、お腹がパンパンで40cmぐらいウータン。
数分後、なんとか40cmぐらいのアメマスをキャッチ。
IMGP0640.jpg
その後、暗くなるまでに、アメマスとウータンを
10本ぐらいずつ釣ったところで、本日はひとまず終了。

コイトイの道の駅で車中泊をして、4時半に起床。
なんと、もう薄明るくなっている。道東の朝は早いんだった。
慌てて支度を済ませ、まずは、茶路川を覗いてみるが、昨日と変わらず。
これでは、音別も同じだろうということで、また、昨日と同じ川に行くことにした。

釣り場に着くと、釣り人はゼロ。
皆さんやっぱり、音別に行っているのだろうか?
ちょっと迷ったが、今日は、ここで勝負と決めた。

気温は、-4℃。
少しだけライズしているが、気温が低いせいか、昨日ほどではない。
5時に開始するが、全くアタリなし。
6時頃から、ポツポツ釣れ始めるが、小物とウータン。
IMGP0633.jpg
20cmちょっとぐらいの可愛らしいのも釣れる。

ポイントを移動し、気温も上がってきた7時。突然入れ食いとなった。
IMGP0634.jpg
アベレージは、30~40cmちょっとと大物は出ないが、
ワンキャスト、ワンヒットという状況が、1時間ぐらい続いた。

この少し前、地元の方の釣り方を見ていると、
かなり強めにアワセを入れている。
なるほどということで、これを真似て、マーカーが軽く沈みかけた時に
鬼アワセを入れるようらすると確実にキャッチできるようになった。
IMGP0639.jpg
派手なフライを付けると、ウータンがうるさいので、
なるべく地味目、グリーンやブラウン系のマラブーが良かった。

その後、ポツポツ釣れる程度のの時間が続いたが、
軽く風が吹き、水面が少し波打つようになると、また、入れ食いタイムに突入。

釣り人が、ひっきりなしに入れ替わるが、ほとんどの人が、ポンポン上げている。
ルアーマンは、ミノーで頑張っていたが、フライの10分の1程度といったところか。

11時頃に雲が掛かってくると、また、入れ食いタイム。
IMGP0640.jpg
このまま釣り続けても、きりがない。帰りの長い運転もあるので、この辺で終了。

30匹ぐらいまでは数えていたが、わからなくなってしまったので途中でやめた。
多分、この日は50匹ぐらい。2日間で約60匹。
ウータンも入れると100匹以上。

さすがに、右肩は怠く、右手首が痛い。
茶路や音別に入れず、大物には出会えなかったが、
フライでこんなに数釣りができたのは初めてのことなので、大満足。
リンクを張っている「MY FISHING DAIRY IN HOKKAIDO」のshinyaさんの
言葉をお借りすると「道東のポテンシャル」を感じる釣行だった。

<おまけ>
11日の夜、白糠町の有名ラーメン店「やはた」に行ってみた。
IMGP0631.jpg
ほんのり鰹ぶしの香りがするあっさりスープに
極細縮れ麺という典型的な釧路ラーメン。

日頃、濃い口のラーメンを食べることが多いが、
最近、こういうさっぱり系ラーメンを食べると、ほっとする。

チャーシューがしっかりとした歯ごたえで美味しかった。

[注釈 09.4.13]
昨日、アップした際は、河川名を実名としていましたが、
ある方から、この川は、多くの釣り人を受け入れるキャパがないし、
毎日、楽しんでいるご年配の方もいるということで、
河川名を伏せるべきとのご指摘がありましたので、編集しました。
この件は、C&Rと同様に難し問題だと思いますので、
近日中に自分の考え方をまとめてアップしたいと思います。
スポンサーサイト
この記事のURL | フライ | CM(13) | TB(0) | ▲ top
<<釣り場、ポイントのネット上での公開に思うこと | メイン | お気に入りの船カレイ仕掛け>>
コメント
-管理人のみ閲覧できます-
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/04/13 01:12  | | #[ 編集] |  ▲ top

-管理人のみ閲覧できます-
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/04/13 09:15  | | #[ 編集] |  ▲ top

-すごいですね!-
道東遠征お疲れ様でした!
いや~この時期のアメマスってこんなに釣れるものなんですね。とても驚きました。

この川は音別川と茶路川の間にあって、音別や茶路と違って水域が広くないので濁りも少なかったということでしょうか。

まさにTKDNさんの作戦勝ち。恐れ入りました。
2009/04/13 22:14  | URL | HAKASE #-[ 編集] |  ▲ top

-お疲れ様です。-
TKDENさんこんばんは!
道東遠征お疲れ様でした。
河川名のHP等での公表には、私の知る限りパソコン通信時代の20年前から是非があります。

基本的に個人の自由であると思うのですが、個人的には年に1回いうレベルでしか釣行しない河川であっても地元の釣り人の中には、「大切にしたい!」という願いを強く抱いている人も少なからずおられるのも事実です。自分に置き換えてもそういうフィールドはありますよね。

メディアの威力は、凄まじいものがあります。「釣り新」やポイント紹介の本の類の影響力は、耳に入っているでしょう。過去に自分・・友人の話をHPの中で場所を特定できるような表現をそれとなく匂わせた表記をしてしまい・・・その翌週には、釣り人が殺到して、あっという間に死んでしまった河川の例もあります。

私は、大河川でポイントの選定が多岐にわたるフィールドは除いて、小河川・・・特に山岳渓流の実名は公表しません。基本的に個人の考えに委ねられることが多いと思うのですが・・やはり・・配慮は必要ですよね。
なにより、自己中と言われても、マイフィールドは絶対大切にしたいものです。(笑)
2009/04/13 22:37  | URL | shinyz #HfMzn2gY[ 編集] |  ▲ top

--
こんばんは。
道東はもう既に雪代が出ているんですね。
出来れば雪代が出る前に1度行きたかったのですが、今年はクレアがいるので行けませんでした。

河川名の公表については、基本公表したほうがいいと思っているのが僕の考えです。

実際釣り場を公表したことによって人が増え、釣りをしにくくなったこともありましたが、それはそれで、自分のテクニックを磨く試練だと思っています(笑)

ただし人に教えて貰った場所は、自分で開拓した場所ではないので、基本公表はしていません。

自分で開拓した場所は、人が増えても自分の腕を磨く試練だと思い、何とか頑張って釣りをしています。
2009/04/13 23:02  | URL | kattsuman #-[ 編集] |  ▲ top

-shinyaさん。-
こんばんは。コメントありがとうございます。

年に数回しか行かない遠征組は、地元の釣り人に配慮しなければならないということ、また、小規模の河川などは資源量の問題もあり、あまり人に入って貰いたくないということ、よく理解できました。
ただ一方で、ブログやHPには、情報を求めて見に来てくれわけです。
私は今でもその一人ですが、思わせぶりな表現でポイントや仕掛けなど肝心なところを隠してしまうことにはどうかと思うこともあります。
なぜ、ブログやHPを公開しているのですかと云いたくなることもあります。
私は、釣りを始めた頃も、今でも、ネットの情報で学習することが多々あります。
ですから、いろいろ点に配慮しつつも、出来るだけ情報はオープンにしたいと思っていますので、今回の件はとても勉強になりました。
2009/04/13 23:29  | URL | TKDN #-[ 編集] |  ▲ top

-kattsumanさん。-
こんばんは。
人それぞれ、いろいろ意見があるものですね。
私は、今はいろいろと考えていますが、kattsumanと考え方は同じでした。
当然、人に教えていただいたポイントは、公開は控えていますが・・・。
良くあることですが、釣れたという話をしている人に「どこですか?」と尋ねると「それは教えられない」と言う。じゃー話さなければ良いのにって思っちゃうんですよね。
私なんかでも、自分が開拓した穴場みたいなところもありますが、会話の中で簡単に話してしまうし、ブログでも公開してますしね。
私の場合は、試練なんて高尚な考えではないんですが、見に来てくれる人や会話の中で失礼のない程度のエチケットぐらいに考えているのですが・・・。
どうやら、私の考えは浅いようです。
2009/04/13 23:45  | URL | TKDN #-[ 編集] |  ▲ top

-管理人のみ閲覧できます-
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/04/14 00:25  | | #[ 編集] |  ▲ top

--
確かにブログやHPを見て釣れた情報を元に、その釣り場へ向かうことってありますね。
私もその為のブログ、とも思っていたので載せない配慮と言うものも必要なのか…と思いました。
色々考え方ってあるんですね。
行く行かないは別として、釣れた記事で場所が書いて無いと、どこ?どこ?って気になっちゃうので知りたいですけど…。

アメマスはけっこう濁ってても釣れるもんなんですね。目がいいのか、食欲旺盛なのか。
2009/04/14 10:34  | URL | 梅子 #-[ 編集] |  ▲ top

-管理人のみ閲覧できます-
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/04/14 10:49  | | #[ 編集] |  ▲ top

-釣り場の事-
海釣りでも釣れるポイントには地元の連中が場所を独占して入れないポイントが幾つもありました。
最近海での投げ釣りの機会が減ってきていますが、そんな傾向に少しばかり疲れてたのも要因でした。
基本的に釣り場は誰のものでもないので公開しますが、他の方から教えてもらった仕掛けは公開しません。
その他の情報でも自分の判断で公開しないこともありました。
ブログだから全て公開とはかぎりませんでした。
2009/04/14 12:54  | URL | 北遊人 #5CQAUZ26[ 編集] |  ▲ top

-梅子さん。-
旦那さんが大漁だったのに、行けなくて残念でしたね。

十分な情報でないと、ここってどこ?って思っちゃいますよね。
単純に私のブログでは、そういうことはしたくなかったということなんです。

ですが、不特定多数に公開するということは、そんな単純な考えではダメなんですね。
勉強になりました。
2009/04/14 23:26  | URL | TKDN #-[ 編集] |  ▲ top

-北遊人さん。-
今回は、真剣に悩み、考えました。

ネット上で、すべての情報をオープンすることの影響って、こんなちっぽけなブログであっても、しっかりと配慮が必要だということがよく解りました。

たかだか100人程度の訪問者だからって、簡単に考えてはいけませんね。
2009/04/14 23:32  | URL | TKDN #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://ideabarusu.blog39.fc2.com/tb.php/70-85c91c09
| メイン |