まぁ、良ったことにしよう。雄冬沖のソイ。
- 2009/04/25(Sat) -
先週、波が高く欠航となった雄冬沖のソイ。
職場の仲間+かみさんと5名で行ってみた。

この時期の雄冬沖は、人気があり、土日の予約は難しい。
長栄丸の午後便で、なんとか席を確保できた。

雄冬に10時半に到着。
すでに、午前便が帰っていた。
釣果を聞いてみると、50㍑クーラーいっぱいとのこと。
今日はいいのではないかと、期待に胸を膨らませ、11時前に出航。
画像 020
まず、5分ほど走って、60mラインで開始。
大潮の潮止まり3時間前ということもあり潮がやや早い。
そんな中、投入して、いきなり、後方の友人が3本針に一荷で40cmクラスを上げた。

これは、イケると思ったが、ここでは船中これだけ。
すぐに、いつもの沈没船ポイントに向かう。

ここでも、やや潮が速い。
釣りずらいなぁと思いながらやっていると、ポツポツ上がり始める。

ここで、大きなトラブルが・・・。
このポイントは、沈没船の影響で、根掛かりしやすい。
それだけなら良いか、潮が速いと、流れ網と思しきものがめくり上がり仕掛けに絡む。

これがなかなか厄介で、60mぐらいは上がってくるが、
そこからはテコでも上がってこない。

こうなると、もうラインを切るしかない。
うまくいけば途中で外れることもあるが、
自分は2回、かみさんも1回、ラインを切る羽目に。
船中、全員が餌食になっこともあった。

そんなこともあって、ポイントを移動することにした。
画像 022

移動した場所は、30~60mラインで、一気に駆け上がる根の荒いポイント。
潮止まりになり、流れも落ち着き、ここにきて、やっといい調子で上がり始める。
駆け下りの35mラインで一時入れ食いとなることもあった。

釣れるのは、ほとんどがこのポイントなので、
各船が入れ替わり、立ち替わり、ここに入る。

3時を過ぎた頃から、また、潮が速くなり、アタリも少なくなってきたので、
4時ちょい前に沖上がりとなった。

今日は、全体に食いが浅く、アタリだけだったり、
上がったとしても、がっぷり食いついていることはあまりなかった。

残念なことに、ダブルできてモタモタしているうちに、
本日、最大の50cmオーバーと思しき大物を水面でバラしてしまった。

もの凄く大きなアタリも2回あったが、
途中でバレたり、ハリスが切られたりと
50cmオーバーを手にすることは出来なかった。

最終的な釣果は、こんな感じ。
画像 024
2人で50㍑クーラー半分ぐらい。

型は、まれに小さいものもあったが、アベ40cmというところ。
画像 026

餌は、サンマが良かったり、豆いかが良かったりと
時間によって変わったような気がする。
大型は、比較的、豆いかに多かった。

午前便があまりにも好調だったので、少し残念ではあるが、
これだけ釣れれば、良しとするか。
スポンサーサイト
この記事のURL | | CM(8) | TB(0) | ▲ top
<<GWの釣り、その1 茂辺地川のサクラ狙い。 | メイン | ショアではサクラはまだ咲きません。寿都~泊方面。>>
コメント
-これぐらい釣れれば-
いう事なしの釣れ具合です。
ここの釣り場では市販の仕掛けが通用しますか。
ソイ釣り場としては名前が知られているようですので。
2009/04/27 15:13  | URL | 北遊人 #5CQAUZ26[ 編集] |  ▲ top

-北遊人さん。-
こんばんは。

ここでは、こんなもんじゃダメなんですよねぇ。
午前便は、50㍑満タンですから・・・。

仕掛けは、市販のものを使ったことがないのでわかりませんが、素バリで比較的ハリスの長いものがいい様です。

私は、半月天秤でハリスは1.0~1.5mに上バリ60cmを付けてます。。
かみさんは、胴突きで下バリ90cm、上バリ60cmの2本針を使ってます。
根掛かりが激しい時があるので、ハリスは4号で、替えバリを10本ぐらい用意してます。

好不調の激しい釣り場ですが、一度いかがですか。
4月上旬が一番いいような気がします。
2009/04/27 19:49  | URL | TKDN #-[ 編集] |  ▲ top

--
朝とか夜とかじゃなく昼の釣りなんですね。
やっぱ沖は大きいのがいて楽しそう。
50オーバーのバラシ、痛いですね~。
右側にいるのはシマゾイ?

ソイってこうしていっぱい釣れたら何して食べますか?
2009/04/27 21:22  | URL | 梅子 #-[ 編集] |  ▲ top

-梅子さん。-
そうなんです。凄く痛いです。
目の前にプカーと浮いていたんですが、船長がタモを取りに行っている間に手の届かぬところに・・・。

シマゾイは、船中2匹で、これは40cm弱ですね。

これだけ釣っても、家には2匹しか残りませんでした。
後は、親類達が持ってちゃいました。
料理は、まずは刺身。アラはみそ汁。
ソテーや唐揚げ、一夜干しなんかも出来ますよ。
2009/04/27 21:40  | URL | TKDN #-[ 編集] |  ▲ top

-こんばんは。-
40cmクラスのソイがたくさん・・・ 良いですね!
でもご本人様は不満の釣果のようで。

私も近日中にソイ釣りの予定があります。
あ、当然家から近い場所ですけどね。根性無しですから

しかも早起きが苦手なんで夜便です。なのでまた
あんまり釣れないと覚悟しております(笑)

昨年は数こそ上がりませんでしたが50~60センチ
が釣れましたので、まんざら期待してない訳でも
ないんですがね。

ちなみにソイ料理で一番好きなのは「汁」です。
最近はお茶漬けもハマッてます。

でも、雄冬沖って魅力ありますね。
1度は挑戦してみたいもんです。
2009/04/27 21:54  | URL | つかじろう@ #-[ 編集] |  ▲ top

-つかじろうさん。-
こんばんは。

雄冬の一番の魅力は爆釣の期待と船代。
なんと、カレイ並の5,000円ですよ。
いつも2人なので、ほんと助かります。

型はだいたいこのぐらい。
同じポイントに、かなりの船が入るので、
60cmオーバーはなかなか出ないですね。

夜ソイは、型、数とも凄いですよね。
「はやぶさ」ですか?
石狩も、とんでもなく根の荒い所ありますよね。

ビックワンのレポート期待してます。
それと、夜釣りで酔わない方法伝授してください。
2009/04/27 22:25  | URL | TKDN #-[ 編集] |  ▲ top

-船酔い・・・-
克服できる方法があれば私も教えてもらいたいです(笑)

もう、相当船には昼夜を問わず乗っていますし、
薬も必ず飲んで釣りをしてますが10回に1回は
餌食になっているのが現状です。

やはり船の排気ガスを吸わないで船の真ん中あたりに
乗って釣りをするのがせめてもの予防ですね
なので、小さい船や古い船は排気の煙突が中心付近
にあり低いので二度と乗りません(笑)
と、なると大型で近代的な形の船にばかり乗る事に
必然的になってしまっているのが現状です。

石狩なら「カームベイ」ですね。私はこの船しか
乗りません。夜のソイもこの船ですよ

そして、昨日マガレイ釣りで利用した船は征海丸という
船です。この2隻の船は偶然にもダイワのオフィシャル
サイトの「船最前線」というコーナーで紹介されて
いますので是非見て下さい。

それにしても雄冬の船賃は5000円ですか!
しかも午後便なら早起きしなくて良いのでいいですね
私に向いているかもしれませんね(笑)
2009/04/29 18:59  | URL | つかじろう@ #-[ 編集] |  ▲ top

-つかじろうさん。-
征海丸は、他のHPでもレポートを拝見したことがあります。クルーザータイプでいい船ですよね。
カームベイは、ヒラメで予約入れたことがありますが、人が集まらなかったのか、他の船を紹介されたことがあります。
どちらも、大きな船でいいですよね。

雄冬は、船長は高齢で船も小さいですが、いい時は爆釣しますし、何といっても5,000円というのはありがたいですよね。

船酔いは、へそに梅干を貼り付けたらいいという話を聞いたことがありますが、どうなんでしょ?
2009/05/01 14:04  | URL | TKDN #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://ideabarusu.blog39.fc2.com/tb.php/74-38e615b2
| メイン |