かみさんにしてやられた、泊内川のカラフトマス。
- 2009/08/13(Thu) -
昨日、旭川を出発し、カラフトのポイントを覗きながら、釣行場所を吟味。

まずは、興部の某河口を覗いてみると、おもしろい光景に出会った。
タモでカラフトを掬おうとする数名の方々。
これは、川で釣りをする御人より、さらに酷い。
噂には聞いていたが、本当にこんなことをする人がいるんだ。

思沙留川は、工事中。
雄武川は、人も少なく、釣れている気配はなかった。
音標川は、相変わらずたくさんの人。
オレタラップ川は海藻が一杯で釣りになりそうにない。
その他、枝幸までの道中、川がある毎に釣り人がいたが、
釣れているところは見かけられなかった。

問牧漁港横に行こうかと思っていたら、
目梨泊漁港横で3本上がったという情報があったので、
朝一はここで勝負することにし、車中泊。

今日、朝一、目梨泊漁港横に到着。
先行者は2名。小川の前へのちょい投げのウキフカセ。
我々もやろうとしたが、網がガッチリ入っていて、
釣りの出来る範囲が極端に狭い。
5時頃、ウキフカセの方が50cmをゲット。
良い場所に入れないので、移動することに。

少し距離はあるが、実績のある泊内川へ向かうことに。
到着は7時前、ちょうど皆さん帰るところだったので、
比較的いい場所に入れた。
IMGP0945.jpg

この時間からなので、ほとんど期待せずに釣りを開始。
自分がウキフカセ、かみさんは浮きルアー。
濁りが入っており、海藻が絡んでくる。
IMGP0948.jpg
ハネが見えるが、結構距離が離れているので、
ウキフカセを止め、タスマニアンデビルにチェンジ。
すると、数投でヒット。数秒のやりとりの後、フッと軽くなる。
無念のバラし。

このことをかみさん告げると、すかさず、かみさんもデビルにチェンジ。
かみさんにポイントを説明しているとき、またもヒット。
今度は、ジャンプ一発でバラし。なんてこった。

しばらくキャストしていると、かみさんがきたーっと叫ぶ。
振り返ると必死にリールを捲いている。
しっかりロッドを立てたリーリング。知らぬ間に、ちゃんと上達している。
波打ち際も難なくクリアー、自分がフットアシストして、無事ゲット。
IMGP0946.jpg
51cmのメスでした。

少し離れた濁りの少ない場所に移動し、キャストしながら、
かみさんを見ると、また、ヒットしている。
慌てて、走り寄るとちょうど波打ち際から引っ張り上げるところ。
また、フットアシストして、無事ゲット。
IMGP09472.jpg
今度は、ちょっとセッパリしかけた56cmのオス。

ちょうど、この頃、波間にたくさんのカラフトの陰が見える状況になったが、
周りでは全く釣れていない。
かみさんがルアー単体で釣ったのを見た周りの方々もルアーに替えたが、
釣れた方はいなかった。

自分達もいろいろとルアーチェンジしたが、デビル以外ではアタリすらなかった。
やっぱ、カラフトにはデビルということでしょうか。

10時頃、一旦止めて、夕まずめにもう一度来ることにして、
宗谷岬で一休み。

夕方、少しやってみたが、状況は悪化。
朝より濁っており、風も強く、波も高くなっていた。
条件が良ければ、もう一泊しようと思ったが、帰還することに。

shinyaさんやHiroshiさんのブログを見ると、
知床でとんでもなく釣っている。
ちょっと値は張るが、来年は自分達も行ってみようかなぁ。
スポンサーサイト
この記事のURL | ルアー | CM(4) | TB(0) | ▲ top
<<突然のスコール、オホーツクを彷徨う。 | メイン | ミッション失敗、道東遠征再び。>>
コメント
-カラフトマス渡船は-
TKDNさん、こんばんは

タモですくっている人が居ましたか。僕の噂には聞いていますが、何でも夜、川で水面を照らすとマスが寄ってくるらしく、それをすくいあげるのだそうです。釣り人からすると、何じゃこいつらとも思いますが、ここまでくると彼らは、釣り人的な発想では無いんだと思います。要するに、カラフトマスが欲しいので手段としての釣りや引っかけ、タモという事なのでしょう。根本が違うので、釣りの仁義やモラル等を言っても無駄な様な気がします。浜で買えば、雄など数百円のカラフトマスなのですが、目の前に居るのだから(例え違法だろうが)穫ればいいじゃんという土地柄なのでしょう。

渡船で向かう知床の釣場は、流石にタモは居ません。引っかけも露骨なのは殆どありません。稀に普通のルアーで強烈にしゃくっている人は一度だけ見たことがありますが、これは例外。そういう意味で気持ち良い釣りが出来るのが、僕が渡る一番の理由かもしれません。

正直、安くはありませんが、季節限定の商売ですからそれはそれで仕方がないのかもしれません。ただ、船から見る海岸線の光景は、来て良かったと思えますよ。渡る理由のもう一つでもあります。

熊に関しては、確かに出没する可能性はあります。ただ、それは渡船だからではなく、知床全般的に言える事だと思います。幌別川河口のパーキングが閉鎖された直接的な要因も熊ですから。

ただ、土日であれば、そんなに心配はしなくても大丈夫かなとは思っています。チャンスがあれば、是非渡ってみて下さい。行かれるのであれば、お盆よりも後の方が釣果は間違いありません。9月は黒いのが殆どとなりますが8月後半であれば、銀ぴかもまだまだ釣れます。
2009/08/16 02:14  | URL | Hiroshi #RBLyyxnA[ 編集] |  ▲ top

-Hiroshiさん。-
こんばんは。

タモで掬おうとしている方とトレブルフックの付いたジクで一生懸命シャクっている方がいましたよ。
皆さんのお話を聞いて、この釣りに関しては、モラル云々を期待するのは諦めました。
なるべくそういう釣り場には行かないようにします。

渡船、足場の良いところなら、かみさんも出来そうなので、考えてみます。
熊スプレー買おうかなあ。
2009/08/17 00:21  | URL | TKDN #HHwP0Xsw[ 編集] |  ▲ top

--
13日は問牧にいましたっ。
近い近い。

問牧ではテトラに乗って釣ったので、そちらみたいに足場がしっかりしてると安心ですね。

で、TKDNさんは釣れずじまい…?
奥さんに負けてばかりなのでは…?i-278
2009/08/19 14:08  | URL | 梅子 #-[ 編集] |  ▲ top

-うっ!痛いところを。-
梅子さん、こんばんは。

12日夕方、そこを通過しました。ニアミスでしたね。
それほど、テトラに乗っている人はいなかったような?

投げやルアーは、どうしても私の方が釣れちゃうので、この日、かみさんが釣ったことが嬉しくて。
私も釣れるに越したことはありませんが・・・。

船ではかみさんの方が釣るので、負けないように必死です。
2009/08/19 20:07  | URL | TKDN #HHwP0Xsw[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://ideabarusu.blog39.fc2.com/tb.php/98-500606ac
| メイン |