理想の仕掛けを追い求めて。
- 2016/05/22(Sun) -
最近の巷の話題は、ブリ一色という感じであるが、
自分にとってのブリシーズンは、まだちょっと先である。

今年は、とある秘策を引っ提げて、
6月に入ってからスタートという感じ。

当面は、毎年恒例となっている
黄金沖のレンタルボートによるカレイ釣り。

何度か紹介しているが、自分はカレイ釣りに関しては、
たった一つの仕掛けしか使わない。

至ってシンプルな小突き仕掛けである。
9791.jpg

この仕掛けを作り始めて、もう10年以上になるだろうか。
元々は、今はなき函館の倉島釣具店で販売していたもの。

少しずつ改良を加え、かなり原型とはかけ離れたものになっているが、
仕掛けのコンセプトは、しっかりと受け継いでいるつもりである。

今でこそ、簡単に作れるようになったが、
実は、この仕掛け、シンプルではあるが、非常に面倒な作りになっている。

何が面倒かというと、4号のラインを2本撚りと4本撚りを交えて作っているところなのだ。
9793.jpg
写真は、4本撚りの部分だが、
4本撚りを滑らかに入れることは、緻密な計算と職人技を必要とする。
さらに、撚りを入れることで縮む長さも計算しなければならない。

なので、試行錯誤して完成させた設計図を未だに手元に置き、
随時確認しながら作らなければならないのだ。

さて、なぜ撚りを入れる必要があるのかというと、
それは、カレイ仕掛けの最大の問題である絡みを回避するためである。

撚りを入れれば入れるほど、ラインに張りが出で絡みにくくなるが、
その一方で、撚りを入れすぎると、自然な動きが演出できなくなる。
この点は、どうしようもないジレンマだ。

それでは、どの程度撚りを入れたら良いか。
もの凄く難しい問題だが、これまでの経験からある程度の答えを導き出したつもりでいる。

しかし、最近の悩みは、自然な動きを意識し、撚りを少なくしていることで、
一度の釣行で撚りがほどけてしまうことがあること。
つまり、強度が低いということだ。

そこで、新たに改良版を作製した。
9794.jpg
コンセプトは、簡単には壊れない強度を持たせること。

今までの仕掛けの弱点は、4本撚りは十分な強度はあるが、
2本撚りがほどけてくること。

そこで、一手間加えて、2本撚りの部分をこれまでより多く撚りを入れた。

このことで、幹糸の張りが出ることになるので、強度アップと一層絡みにくくなるが、
この仕掛けの特徴である繊細さが若干失われることになる。

ということで、食い渋り時は従来型、
最盛期はトラブルレスの改良型と2種類を使い分けることにした。

たぶん、これで、問題は解決出来るだろう。

因みに、この仕掛けは、テストを兼ねて仲間内に使って貰っているが、
かなり癖のある仕掛けなので、きちん操作しないと全然釣れないというこもあるので、
今年から半分冗談で説明書を付けている。
9795.jpg
縁あってこの仕掛けを使っていただいている皆さん、
この仕掛けで、どうかいっぱい釣って下さいね。
この記事のURL | タックル | CM(1) | TB(0) | ▲ top
お気に入りのジグを大人買い。
- 2016/02/22(Mon) -
またまた、久しぶり振りの更新です。

かみさんの状況は、極めて良好なのですが、
いくら暖冬とはいえ、寒い時期の釣りは、
手術後の身体にどのような影響を及ぼすか不安があることと、

やはり、この時期はあまり釣れる気がしないということもあり、
昨年末から釣りは全くしていません。

本格的に釣りにのめり込んでから、こんなに釣りをしないというのは、
初めてのことかも知れません。

とはいえ、やはり釣りバカ、外出するとついつい釣具屋に立ち寄ってしまう。
今日、宛てもなく近所の釣具屋でぶらぶらしていると、

もう手に入らないだろうと諦めていた某釣具店オリジナルジグを発見。
在庫すべてを買い占めてしまった。

代表ジグ160Gメトロンピンク。
9776.jpg

実は、このジグは自分のブリの釣果のほぼ1/3を稼ぐ優れものなのだ。
もともとは、良さげなカラーが気に入って、
海友丸の船長から強奪したもの。

釣果が良かったので、お店で買おうと思ったが、
この時は、かなり前に完売御礼となっていた。

その後、その釣り具店に何度も作製を依頼していたのだが、
良い返事がいただけなかったものである。

たしか2012年頃にオリジナルカラーとして、限定販売されたもので、
メトロンピンクとは、ウルトラシリーズのメトロン星人に由来するらしい。

カラーは見たとおり、ピンク、ブルー、チャートの3色。
ブルピンよりも釣果が良いことを考えると、
チャートがポイントなのだろう。

もうかなり塗装もポロポロになってきていたし、1本しかないので、
ロストする前に手に入れることができ、ラッキーであった。

他の店舗に在庫があるかどうかはわからないが、
あれば、購入して損はないと思いますよ。
この記事のURL | タックル | CM(2) | TB(0) | ▲ top
遠征用のパックロッドって、どんな感じなんだろう?
- 2015/02/08(Sun) -
相変わらず寒さにめげて、今週も釣りはお休み。

暇なので、家でネットを見ていると、
今年に入って、いろいろと新しいタックルが発売になっている。

特に、気になっているのが、遠征用のパックロッド。
海外遠征では、ロッドに関して、追加料金が取られるケースが多くなっている。

パラオは、大韓航空を利用しているが、行きは間違いなく1万円の追加料金を取られる。
帰りは、運良くこれまでは取られたことはない。

前回のマレーシアは、JALを利用したが、
どういう訳か、行きは取られず、帰りのシンガポールで100ドル取られた。

自分達の場合、二人分のロッドを無理矢理一つのロッドケースに入れるので、
追加料金は多くても、往復で2万円程度となる。

頻繁に海外遠征に行くわけではないので、
この程度の出費はたいしたことではないのだが、
それでも、追加で料金を取られるのって、なんかもったいない気がする。

そこで、パックロッドということなるのだが、
情報が少なく、購入するかどうか躊躇してしまう。

また、今使用しているGTロッドは、二人ともカーペンターで、
非常に使いやすく気に入っているので尚更だ。

最近、発売されたものでは、ダイワのエアーポータブル。
SALTIGA-AP-image.jpg

それと、ゼナックのルーフエクスペディション。
rouf_expedition.jpg

いずれも仕舞寸法は、1m以下。

リップルフィッシャーでは、かなり前から出されているが、
2pcsで127cmとちょっと長い。
imgecfbd3f5f6c2f46c2e47b.jpg

もちろん、カーペンターからも出されているが、
ご存じのとおり、容易に手に入るものではない。
P103077311.jpg

おそらく、これまでの1pcsのものと同じ感覚では使えないだろうが、
持ったことすらないので、どんなものなのかちょっと想像ができない。

これからは、海外遠征用には、こういったパックロッドが中心となるのだろう。
どなたか、比較対象したインプレをしてもらえないものだろうか。
この記事のURL | タックル | CM(2) | TB(0) | ▲ top
今のうちに買っておこう、人気ジグ。
- 2015/02/01(Sun) -
暫く振りの更新ですが、実は、先週こっそり釣りに行っていた。

いつもの苫小牧東港であったが、
全く釣れず、小一時間で帰ってきたので、更新しませんでした。

因みに、火発の流れ込みのプールでは、フライの方が釣れていたが、
この時期になるとルアーには全く反応しません。


さて、今週もいつでもスクランブルできるように準備は怠っていなかったが、
結局、海岸線は強風であったので、断念。

おまけに、金曜日の夜、職場の大会で久しぶりにボーリングなどというものをやったが、
手首、肘、肩、腿など、身体がポロポロで、正直、釣りどころではなかった(笑)

釣りに行けないときは、仕方がないので、釣具屋巡り。

シーズンに入るとなかなか入手し難いジグも、
この時期には簡単に手に入るものである。

まずは、昨年、某遊漁船の船長が絶賛したことにより、
突然、道内でブレイクしたセカンドステージのヤイバ。
9522.jpg

もともと、関西最強ジグとして人気があったが、
昨年の実績から急に入手しにくくなってしまった。

センターバランスの左右対称モデルで、引き重りも少なく、小さな力でスライドをコントロール出来るらしい。

続いて、ジャークマンのグラマー。
9524.jpg

このジグは、形もユニークだが、使い方もちょっと普通のジグと異なる。
スローで大きくジャークして、ヒラヒラと落下させるようだ。

前方がくびれているので、早巻きするとフックを抱いてしまうのが難点だ。


今年は、太平洋のサクラが好調のようだ。

自分達は、日本海でしかサクラはやらいので、
3月からということになる。

昨年は、太平洋、日本海ともサクラが全くダメだったが、
今年の状況からすると、少し期待できるかもしれない。

今から、3月が待ち遠しいのは、自分達だけではないだろう。
この記事のURL | タックル | CM(2) | TB(0) | ▲ top
激安マスしゃくりゲット!
- 2015/01/12(Mon) -
3連休は、釣りに出かけようと思っていたが、
この時期、寒いし釣れないしということで、

釣りのモチベーションも今一つ上がらず、
結局釣りには行かなかった。

修理に出していた竿を釣具屋さんに取りに行ったついでに
中古品を見ていると、掘り出し物を発見。

ここの釣具屋さんでは、
前にもびっくりするほどの掘り出し物を発見したこともあり、

常日頃から気にしていたが、
またもや驚きの品を発見。

それがこれ!
P516.jpg

上が、某工房のアワビ張りのマスしゃくりで、
下が、自分の大好きな深海松のマスしゃくり。
この記事のURL | タックル | CM(4) | TB(0) | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ